葬儀プラン

 葬儀プランは故人様のご意思やご遺族様の思い、宗旨・宗派、また故人様と親交のあった方々のご会葬、経済状況を考慮して検討します。当社はそれらを考慮し、お打ち合わせ、お見積りを行い最適な葬儀プランを提供させていただいております。
基本プランのほか、ご要望に応じた内容での施行もいたしております。また、無宗教のお別れ会、学会友人葬、キリスト教、神道などのご葬儀プランもご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。

当社のプランの考え方

■必要なものはキッチリと

 当社のプランは必要なものはきっちりと組み込み、必要に応じて発生するもの(お迎え・マイクロバス・式場使用料等)や、無くても問題ないものはプランから外しオプションとする事により、少しでも安く施行できるよう設計しております。よくある「込み込みプラン」にしてしまうと、料金は明確ですが、実際は必要の無いものや発生しなかったものまで料金に含まれている事になります。

 

■会員による割引制度ではなく全ての方に低価格で

 会員等による割引制度は本当にお得なのでしょうか?ご希望通りの葬儀ができるのでしょうか?
当社は割引による「お得感」ではなく、実際に幾ら掛かるのかが重要と考えます。会員+割引ではなく全ての方が平等に安く執り行えるようにコストを見直し、そのままプラン価格へ反映しています。

 

ご葬儀の形態について

♦火葬式・直送プラン

火葬式プランとは、宗教的儀礼は行なわず火葬してお骨にするプランです。

火葬式プランは主に次のような理由で選ばれています。

  ●実家が遠方で、そちらで葬儀をするためお骨にして帰りたい。

  ●故人様の遺言により葬儀は行わずお骨にしたい。

  ●費用を掛けずにお骨にしたい。

(留意点)

火葬式プランはごく近い方のみで最後のお別れをして火葬いたします。従いまして、多くの会葬者をお招きしたり、宗教的な儀礼を行う際には適しません。 亡くなった旨を連絡する際も、会葬をご遠慮していただく事を明確に伝える必要があります。 場合によっては事後に連絡するなどの配慮も必要になる場合があります。菩提寺がある場合は、お寺様に連絡し喪家様の意向をしっかり伝えご理解いただくことが必要です。

 

♦家族葬(家族・親族のみ、またはご近所及び関係の深かった友人までの限定葬)

家族葬とは、ご家族やご親族の近親者で執り行われるご葬儀です。 一般葬とは異なり各方面への連絡や会葬者の接待などの対応に追われることなく『ゆっくりと最後のお別れ』ができることから年々増えている葬儀の形態です。また、ご家族を中心として故人様と関係の深かった方々(ご近所、ご友人)のみに限定して参列いただくご葬儀も多く執り行われるようになりました。

【メリット】

  ●会葬者の対応に追われることなく「ゆっくりと温かく」送ってあげたい。

  ●故人様の生前の希望により、身内だけで執り行いたい。

  ●故人様が高齢のため友人や知人が少ない。

【留意点】

家族葬を執り行うにあたり特に注意しなければならない点は、連絡範囲を明確にした上で、連絡相手に対し「近親者のみの家族葬で執り行うためご会葬についてはご遠慮いただきたい」旨の意向をしっかりと伝えることが大切です。ここを曖昧にすると予期せぬ会葬を招き、結果的にその対応に追われてしまい喪家様の望む「ゆっくりと最後のお別れ」ができる家族葬とは異なってしまいます。

 

♦一般葬

一般葬とは、ご親族様をはじめご近所、ご友人、勤務先など生前お付き合いいただいた方々に幅広くご参列を賜り執り行われるご葬儀です。家族葬とは異なり、故人様と生前ご親交いただいた方々にも最後のお別れをしていただくことができます。

【メリット】

  ●生前にお付き合いいただいた方々に深謝を申し上げることができる。

  ●故人様とご親交いただいた方々と共に最後のお別れができる。

  ●皆様からいただくお悔みや励ましの言葉は喪家様の精神的不安解消の一助となり、御香典は経済的負担を軽減します。

【留意点】

一般葬を行うにあたり注意しなければならない点は、訃報、葬儀日程、施行場所の連絡を各方面にもれなく行うことです。後になって、「なぜ連絡してくれなかったのか」などと言われる場合もありますので、事前に連絡先を明確にしておくのも必要かと思います。
次に、ご親族様をはじめ、ご近所、ご友人、勤務先などご参列いただく方の人数をおおよそ想定しなければなりません。多数のご参列が見込まれる場合は、ご近所や勤務先に受付などのお手伝いを依頼する場合もありますし、ご参列者数に応じて飲食や返礼品の手配も行いますのでご参列者数の想定は特に大切になります。

 

施行見積例

葬儀費用はご会葬いただく範囲(人数)によって大きく変わります。会葬者が増えると葬儀費全体の費用も増えますが、その分お香典収入が増えるので実質的な負担は減る傾向となります。以下に家族・親族を中心としたご葬儀の見積例を掲載しましたのでご参考にしていただければと思います。

♦火葬式、直送プラン

●通夜、葬儀式は行わず家族5名にてお別れ・ご出棺

⇒ 見積例

品 名 種別/単価 (税別) 数量 金額(税別)
●火葬式・直送プラン 180,000円 1 180,000円
病院お迎え一式 20km圏内   含む
お棺 桐平棺   含む
骨器 白磁7寸   含む
霊柩車 バン型   含む
ドライアイス 10kg/回   含む
出棺用花束 1束   含む
●お別れ用生花 お別れ用生花 5,000円分 1 5,000円
       
合計(税別)     185,000円

 

♦葬儀プラン

●例1 家族、親族10名にて仏式(お寺様)で通夜、葬儀を十一番会館にてとりおこなう場合
    (費用は掛けられないが、近親者で供養はきっちりと行いたい)

⇒ 見積例

花祭壇A
品 名 種別/単価 (税別) 数量 金額(税別)
●生花プランA 350,000円 1 350,000円
生花祭壇 生花飾りA   含む
お棺 桐平棺   含む
骨器 白磁7寸   含む
霊柩車 バン型   含む
遺影写真 四つ切 × 1 黒縁額付   含む
旅支度 一式   含む
白木位牌 1本   含む
施行一式 納棺、式場設営、進行ほか   含む
中陰段 ご自宅に四十九日まで貸し出し   含む
出棺用花束 1束   含む
       
●料理      通夜料理 10~12名分 @27,650円 1 27,650円
火葬場にて食事 折詰弁当  @ 2,000円 10 20,000円
飲み物一式 通夜+火葬場一式   7,000円
料理費計     54,650円
       
●返礼品 会葬礼状 @100 0 0円
  ハンドタオル@300 0 0円
  返礼品(お茶・のり)@3,000 0 0円
返礼品費計     0円
       
●その他      
寝台自動車 病院~十一番会館までの搬送費 一式 35,000円
ドライアイス 7,000円/10kg・日 2 14,000円
式場使用料 安置~終了まで 1 100,000円
その他計     149,000円
       
合計(税別)     553,650円

 

●例2 家族、親族20名、ご近所・ご友人30名 計50名にて仏式(お寺様)で通夜、葬儀を十一番会館にてとりおこなう場合
    (花が好きだった故人のために華やかに祭壇を飾って、仲間と温かくゆっくりとお別れしたい)

⇒ 見積例

花祭壇
品 名 種別/単価 (税別) 数量 金額(税別)
●生花プランC 630,000円 1 630,000円
生花祭壇 生花飾りC   含む
お棺 高級布張棺   含む
骨器 白磁花柄7寸   含む
霊柩車 国産洋型   含む
遺影写真 四つ切 × 1  +  2L×1
パステル額付、遺影モニター
  含む
旅支度 一式   含む
白木位牌 2本   含む
施行一式 納棺、式場設営、進行ほか   含む
中陰段 ご自宅に四十九日まで貸し出し   含む
式場案内看板 案内看板一式   含む
出棺用花束 1束   含む
       
●料理      通夜料理 約50名分 @27,650円 3 82,950円
忌中払い料理 会席料理   3,800円 20 76,000円
飲み物一式 通夜+忌中払い 一式 20,000円
料理費計     178,950円
       
●返礼品 会葬礼状 @100 40 4,000円
  ハンドタオル@300 40 12,000円
  返礼品(お菓子セット)@2,500 40 100,000円
返礼品費計     116,000円
       
●その他      
寝台自動車 病院~十一番会館までの搬送費 一式 35,000円
ドライアイス 7,000円/10kg・日 2 14,000円
マイクロバス 25名乗り・3ルート運行 1 35,000円
式場使用料 安置~終了まで 1 100,000円
その他計     184,000円
       
合計(税別)     1,108,950円